BEAST'S LEFTOVERS

あらゆる音楽を喰らうRIZARDIが、1日1曲3行で音楽を紹介するブログ。好きなジャンルはHardcore Techno。他にも色々紹介するかも。

粧し込んだ日にかぎって / アイナ・ジ・エンド

BiSHとして際立って鮮烈な歌声を届けてきたアイナ・ジ・エンドが、本格的にシンガーソングライターの道に立つ。

幅広くPOPを展開する中でも、この曲は90〜00年台のバンド系ポップを思わせるセンチメンタルなサウンドに仕上がっている。

「愛してるよ…」のリフレインの圧が強い。

https://youtu.be/wYVr7bdukDw

分からない / ろん×黒魔

セガから始動した「言ノ葉プロジェクト」からの1曲。他の楽曲とは世界観が続いていて、ゲーム・小説などとのメディアミックスも展開されている。

痛快なラウドロックチューンで、サビの真ん中に派手なカットアップがあって初聴きで驚いた。

実のところ、黒魔がボカロPとしても活動していたことはこの曲で知った。

www.youtube.com

maimai.sega.jp

World / Bel Air Witch

Steve Aokiのダンス系レーベル「Dim Mak」の無料DLゾーン”New Noise”に、インパクト大の新曲が到着。Twitter上で発見。

HardstyleやFuture Pop的な要素が詰まった強力なトラックで、ビシバシツボを押さえられる感じが痛快。

ほかにリリースも情報もなく未だ無名な「Bel Air Witch」…これからどんな世界を創るのか?

www.youtube.com

soundcloud.com

When I Led The Guard / Scar (David Oyelowo)

アニメシリーズ「ライオン・ガード」で、炎として復活したスカーがかつて己の目に刻まれた傷”Scar”と、傷に込められた情念を歌い上げる壮絶な劇中歌。

スカーと言えば名ヴィランソング「準備しておけ(Be Prepared)」(ライオン・キング)も歌っていて、もはやスカーは名曲しか歌わないのではないかとも思えた。

そして「ライオン・ガード」に豊かな音楽の力を与えたポップミュージシャンBeau Blackは偉大だと改めて実感。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

俺たちの明日 / 東京スカパラダイスオーケストラ×高橋一生

エレファントカシマシのトリビュート・カバー・アルバムからの1曲で、おなじみの原曲がまさかのレゲエ調に姿を変えた。

音域が2オクターブ半もあるこの歌をアレンジを交え歌いきって、高橋一生のシンガーとしての力量も感じる。

たまたま前に「明日以外すべて燃やせ feat. 宮本浩次」や「きみに会いたい-Dance with you-」を先に聴いているので、ここから繋がりがあったのかと知る。

sp.universal-music.co.jp

Cyber Heart / Varmint

最近ではUpcoming Recordsにも仲間入りを果たした、ウクライナからVarmintの「Cyber Heart」(2020)。

曲のフレーバーとして8bitチックな音遣いが随所に仕込まれている。ブレイク直後、おもちゃの人形を誤って踏んでしまった的なキック(動画1:15~)に心を奪われた。

ジャケットは波?が横向きのハート型に見える。

www.youtube.com

Brainstorm / Monny (3/2)

Lunaticらのレーベル「Hell's Recordings」からの新曲。

突如挿入されるブラームスの「ハンガリー舞曲 第5番」の旋律が耳を引く。しれっと途中で移調もする。

このメロディを軸にテンポの上昇・下降も行っており、猪突猛進の様に見えて緩急がはっきりついているのも面白い。

www.hardtunes.com